掃除の理由 | 風俗のオナクラやマッサージの店舗について紹介

掃除の理由

こちらを見ている女性

部屋を片付けよう!と思ったのはいつぶりだろう、と僕はいま考えている。こんな機会でもないと部屋なんか掃除しないからなあ。そう思いながら掃除機をブイーンといわせているのだ。
こんな機会――というのは、デルヘルに電話したとき。デリヘルとはデリバリーヘルス。女の子をデリバリーすなわち配達してもらおうというのである。僕は数ある風俗のジャンルの中でも、デリヘルがいちばん好きだ。

おカネがあるときはホテルへ行くんだけど、今日はない。だからこうして部屋を掃除している。掃除機をかけたら本を本棚へ、CDをCDらっくへ、あるべきところへ戻し、洗濯物はたたんでベッドはきちんと整える。
灰皿の中身はゴミ箱に開け、水洗いしとく。そう、部屋をなるべくホテルっぽく。生活感は崩さないようにしながら。
女の子がいちばん好むラインを、僕は狙っている。風俗嬢であろうとそのへんのギャルであろうと、もちろん女の子たちは清潔な部屋が好きだし、僕らの生活がちらっとかいま見えるところに親しみも感じるだろう。

風俗へ行く(この場合は「風俗を呼ぶ」?)というのは、確かに性欲を発散させたいときだ。自分で処理してしまうよりも、女の子との触れ合いの中で発散したほうが気持ちいいし、楽しい。
それでなくても、誰かと何かをするのは楽しいものなのだ。
だから、僕はデリヘルが好きなのだ。ホテルだったり部屋だったり、デリヘルであれば僕たち二人の空間を、どこかに作ることが出来る。二人だけの親密な空間を。
そして僕が1時間につき幾らで支払った料金分、彼女は僕に安らぎをくれるのだ。